便秘が起こる原因とは

kaisyo01

便秘を起こるのには様々な理由はありますがその原因を知って対策を練る事が便秘の解消・予防をするうえで必要になります。

便秘を起こす原因

①朝食を食べない
朝起きると腸内は空っぽになっていますから朝食を食べると腸が刺激を受けて便を排出しようと言う動きをしますので朝ごはんを食べないとその動きが起こらないという事になってしまいます。

②水分不足
水分が不足すると便が硬くなってしまう為スムーズに腸内を流れなくなってしまいます。

③運動不足
運動不足の場合は運動をすると腸が刺激を受けて蠕動運動をするのですが運動不足になれば腸内の筋肉も動きが弱くなり蠕動運動も弱くなります。

④食物繊維が不足
食物繊維が不足すると便秘になる可能性が有りこれは食物繊維の性質による物で食物繊維は便の量を増やして腸内にある余分な物を体外に排出しようとする働きがあるのですがこれが体内に摂取されない事で腸内に余分な物が溜まってしまって便秘になってしまいます。

この他にも「生まれつき便秘気味の体質の人」「トイレを我慢する癖が有る人」「病気の予兆」「妊娠や出産後でホルモンバランスが崩れている状態の場合」「生理中の場合」等があります。

これらの原因によっては自分で予防が出来る物もあり自分では気が付きにくい原因もあります。

もし予防や解消の為の対策をしても症状が改善に向かわないような場合は病気の予兆かも知れませんのでそんな時は病院で専門医に診てもらう方が良いと思います。

便秘の種類と症状について

「便秘」と言っても種類があり「機能性便秘」「器質性便秘」と大きくこの2つの便秘の種類に分けられています。

腸その物に病気や疾患が有って異常がみられる場合は器質性便秘と言います。

器質性便秘は大腸の形に腸管が狭くなる等の異常があってスムーズに便が通りづらい状態を引き起こす事が原因になっています。

腸その物に異常は見られないが腸の機能に異常が見られる場合は機能性便秘と言います。

機能性便秘は「急性」「慢性」とさらに大きく分けられます。

そして慢性の便秘として「弛緩性便秘」と呼ばれているものがあり大腸の蠕動運動が筋肉が緩むことで鈍くなってしまい便をスムーズに運べなくなりその間に便の水分が腸に吸収されてしまって硬くなり長く留まる状態の便秘ということになります。

また自律神経を精神的な事で乱してしまい大腸の筋肉が痙攣を起こしてしまって起こる便秘を「痙攣性便秘」と言います。

トイレに行きたくても行けないというような状態が続きそれが慢性化して大腸の神経自体が鈍くなることで便が長く硬く留まってしまう事で起こる便秘を「直腸性便秘」と言います。

これらが慢性の便秘になりますが急性の便秘としては精神的な事が主に挙げられたとえば旅行や引っ越しなどで環境が変わったりする事で起こる便秘で食事が偏ったりする事でも起こる便秘等が挙げられ、これらは習慣化せずに一時的に起こる急性の便秘になります。

このようなことはあまり知られていないことではないでしょうか、自分の便秘の種類を知る事で予防方法が変わってきますし便秘はなにより予防が大切ですのでいろいろな便秘の事を知っておいた方が良いと思います。

軽度の便秘の場合の解消法

便秘の方は苦しいですし、すぐに薬を使ってでもすっきりさせたいですよね。

しかし、それほどひどい便秘でない場合は、なるべく自然に便秘が解消されるようにして、薬は最終手段にするようにしましょう。

軽度の便秘の段階で薬を安易に飲んでしまうと、本来持つ腸の働きを弱めてしまう場合があるのです。

そうなってしまうと便秘を解消するどころか悪化させてしまう恐れもあります。

ですから、なるべく薬は使わないようにして、食事に気をつけたり、運動をするなどして自然に便秘が治るようにしてみましょう。

こうすることで便秘を解消するだけでなく、今後も予防することにつながります。

ですからまずは腸内の環境を整えることから挑戦してみましょう。

まずは食生活を改善することが一番おすすめです。

オリゴ糖の入ったヨーグルトや、乳酸菌やオリゴ等を配合しているサプリメントを摂取すると良いでしょう。

オリゴ糖には様々な種類があり、便秘以外のところに効果のある成分が配合されている物を選んでしまうと腸にオリゴ糖が届かなくなってしまい、効果が出ないことがあるので、便秘解消に効果のある物を選ぶように気をつけましょう。

また誰もがご存知だとは思いますが、便秘の解消には食物繊維の摂取がとても効果的です。

可能であればですが、水溶性と不溶性の2つの種類の食物繊維を均一に摂取することが理想的です。

これは便秘の予防にとても効果があるので覚えておくと役に立つと思います。

ちなみに不溶性の食物繊維はレタスやキャベツに配合されているもので、水溶性の食物繊維はわかめや昆布など、海藻類に配合されているものを指します。

中度の便秘の場合の解消法

自分が便秘だと自覚していて、便秘が慢性化している状態の方は、便秘のレベルが中度だと考えて良いでしょう。

このようなある程度しっかりした便秘の方は便秘が辛いと感じると思うので、便秘薬に手を出したくなる気持ちは良くわかります。

しかし、中度なのであれば、なるべくまだ便秘薬に頼ることなく自然に解消するようにいくつかの努力をすることをおすすめします。

何故なら便秘薬を安易に使ってしまうと、体が便秘薬がないと排便できない体質へと変わってしまう可能性があるからです。

もちろん一切便秘薬を使用してはいけないというわけではありませんが、少し辛いと思った時に使用してしまうのが良くないということです。

便秘薬はあくまでも最終手段として取っておきましょう。本当に我慢できない時にだけ使用して、普段の便秘に対しては自力でなんとかするように食生活を改善したり、運動をするなどして生活のリズムを改善していきましょう。

それに便秘を解消するための努力は、便秘の予防にもつながるので、症状をこれ以上悪化させないためにもぜひ便秘解消の努力をしてみてください。

特に女性は便秘になりやすいですし、便秘が慢性化しているケースが多いようです。

また、便秘の程度もこの中度の人が多いようです。

とりわけ仕事がとても忙しい人は余計に便秘を解消することが難しくなるようです。

しかしそれ以上に悪化させないように、中度の便秘である内に症状を改善させていくべきです。

症状が重くなってしまっては、治る物も治らなくなってしまいます。

ですから早い段階で対策をすることが必要です。

重度の便秘の場合の解消法

便秘が重度になってしまうと、さすがに便秘薬などを使用しないと自力では排便することができないと思います。

このような状態にまで至ってしまうと、ちょっとした努力では到底便秘を解消させることは難しいでしょう。

しかも、このような重度の便秘を患ってしまった方は、何かしらの病気が潜んでいる可能性を探った方が良い場合もあります。

特に女性の方ですと便秘を理由に病院に行くことに抵抗があるかもしれませんが、便秘をこれ以上悪化させないため、病気を予防するため、便秘を何とか改善させるためにも専門医に指示をあおぐ方が結果的に早く便秘を解消することができる場合もあります。

また、以前に開腹手術を経験したこともある人は、便秘の原因として手術後の癒着が考えられます。

このような場合には薬では便秘を解消することは不可能なので、やはり自分の便秘になった原因を知ることが大切です。

さらに、便秘が重度の方の場合、市販品の薬を使用することで症状が悪化してしまうこともあります。

軽度や中度であれば自力で改善できますが、重度の方は医師に診てもらった上で薬を処方してもらうほうが良いでしょう。

また、きちんと指示に従って、用量用法も守るようにしましょう。

そして症状に改善の兆しが見えたからといって、自己判断で勝手に薬を飲むことを止めるのはいけません。

薬を使用している時は、腸の機能が弱っている可能性があるので、このような状態で薬を止めてしまえばまた便秘を繰り返してしまうだけです。

一番良い方法は、少しずつ薬の強さを弱めていき、腸を本来の状態に戻してあげることだと思います。

便秘解消やダイエットに効果的なおすすめサプリ

ベルタ酵素ドリンク効果的な飲み方キャンペーン中です。効果や副作用そして飲み方など口コミ情報をまずは、チェックしてみてください。

便秘解消やダイエットに効果的なサプリとしてベルタ酵素ドリンクがとってもおすすめです。